筋力の低下が膣のゆるみを引き起こす|生活の中に潜む原因

婦人

子宮脱の予防

頭を押さえる人

デリケートゾーンの悩みで気付きにくいのが膣のゆるみです。膣がゆるんでしまうと子宮脱に発展することも考えられます。他の病気にならないためにも筋力を付けてゆるみを改善しましょう。

もっと読む

注射器で改善する

両手を上げる人

自覚しにくい膣のゆるみはどのような方法で改善することができるのでしょうか。婦人科形成クリニックではヒアルロン酸や脂肪を注入してゆるみを改善できるでしょう。効果が長く続く方法もあるようです。

もっと読む

高周波やレーザーを使う

ボディ

膣のゆるみが気になる人は婦人科形成クリニックで相談するといいでしょう。そこではいろいろなデリケートゾーンの悩みを解消してくれます。ゆるみの改善に高周波やレーザーを使うところも多いでしょう。

もっと読む

筋力の低下の原因

下着姿のレディー

デリケートゾーンは皮膚が弱く刺激を受けやすい部分です。下着の締め付けで黒ずんだり、ちょっとした刺激がかゆみや臭いの原因になったり、アンダーヘアの処理の仕方でかぶれることもあるでしょう。そんなデリケートゾーンの悩みに頭を抱えている人は少なくありません。デリケートゾーンのトラブルは子宮や膣で起こる場合もあります。例えば、膣のゆるみにコンプレックスを抱えている人もいるでしょう。膣のゆるみというのは自分ではなかなか気付くことができず、パートナーに指摘されて落ち込むという人も少なくないのです。なぜ、膣がゆるんでしまうのかというと腹筋や骨盤を支える骨盤底筋の筋力が低下してしまうことが原因です。これらの筋肉は出産や加齢、肥満や姿勢の悪さなどによって弱くなってしまいます。
妊娠中は胎児を支えている子宮の周りにある筋肉に大きな負荷がかかります。そして、出産時にはその筋肉が引き伸ばされ、産後にだんだん収縮をして元に戻っていくのです。しかし、収縮が上手くいかず筋肉が伸びたままになってしまう場合があります。伸びた筋肉のせいで膣のゆるみが起こってしまうのです。加齢によって筋肉が低下し膣がゆるんだ場合は尿漏れを引き起こすこともあります。姿勢の悪さや肥満の場合は骨盤底筋やお尻周りの筋肉が弱まってしまうでしょう。筋力が低下して膣のゆるみが生じると病気を引き起こすこともあるので、気になる人は早めに検査を行なうようにしましょう。こういったデリケートゾーンの悩みは婦人科形成クリニックで相談することができます。